Service

家つくりの進め方

1.建築相談
まずは、お気軽に電話やE-mailでご連絡下さい。ご相談は無料で行っています。
これから「家」を建てようとお考えの方、リフォーム、店舗改装など、建築に関わることでしたら何でもお伺い致します。
スギタデザインの設計事例や住宅に対する考え方などもご説明致します。
ご相談に対する調査費用(都市計画資料や登記簿の入手など)や特に作業が必要で経費が発生する場合は事前にご相談いたします。

「家」をつくっていく過程で最も大切なことは、お客様と設計士の「相性」だと考えています。ご相談を通して、フィーリングをお確かめ下さい。

不動産購入前のアドバイスも承ります。
不動産屋の観点ではなく、建築設計から土地、建物の見方が出来ます。狭小・旗状地・傾斜地、または築年数の古いマンションなど、不動産評価でマイナスになる要素でも、住宅という観点からみればポテンシャルの高い物件もあるものです。

ご要望・条件のヒヤリング
客様の「家」に対するご希望、考え方を十分にお伺いいたします。「家」を設計する上で、まず大切な作業となります。家族の構成や、どういった住まい方を望まれいるか、スケジュール、予算ということはもとより、どのような雰囲気の住まいを希望されているか、素材の好みの傾向はあるかなど、数字に現れない隠れたご要望を引き出すことが出来れば、お客様の考える満足以上の住まいを作ることができると考えています。

2.基本プラン
ご要望をお伺いした後、基本プランを作成いたします。
敷地の形状、道路、周辺環境、方位、風向き、法規、既存樹木の位置など、リフォームでしたら、設備の状態、構造などを調査します。
調査が完了した時点で、ご要望・条件を踏まえた基本プランを作成します。
プレゼンテーションは平面図・立面図に加え、模型や室内パース、CGなどご依頼の物件に合わせ色々な方法で行います。
基本プランのご提案まで大体1ヶ月ほどの期間を頂きます。
ご提案した基本プランを気に入って頂いた場合は、次のステップに進みます。
基本プランの提案を通して、私共が家つくりのパートナーとして相応しいか、お互いに信頼することができるかをご判断下さい。

基本プランはあくまで仮の提案です。
地盤調査の結果や、地域特有の条例などにより設計を進めていく上で建築条件が変わってしまった場合に基本プランの建物が作れないことがあります。どうぞご了承下さい。

基本プランまででもOKです。
現場管理のできないくらい遠方である場合や、設計施工のできる工務店さんが親戚にいるという場合、案は気に入ったのだけど...など、基本プランのみで構わない場合には、"15万円/1案"でお譲り致します。

あまりに遠方である場合を除き、交通費は頂きません。交通費については事前にご相談させて下さい。

3.設計監理契約
設計業務報酬は、新築住宅の場合は総工事費の10%、リフォームや店舗内装の場合は12%を目安としています。
ローコスト住宅の場合でも、ハイソサエティな住宅でも一律の設計料をきちんと頂くことで、知恵を絞り、労力をかけて妥協のない住宅を目指します。お客様は違えど、大切な住まいに対する関わり方は予算で左右されない設計を行います。
外構(お庭)の設計については、別途ご相談させていただきます。
 
設計業務報酬には、工事監理費用を含みます。確認申請代行費用及び構造設計費用は、建物の規模・構造により異なりますので、別途清算とします。
(昨今の建築界の情勢により、構造設計は外部の信頼できる構造設計事務所に委託します)
また、片道半日くらいかかってしまう位の遠方でない限り交通費は頂きません。その代わり打ち合わせの方法をお会いするのではなく、メールや電話を活用するなどの方法とさせて頂いています。

4.基本設計
基本プランを踏まえて、基本設計を開始します。
より深くお客様と打ち合わせを行い、お客様が満足いくまで検討を重ね、平面図・立面図・断面図及び、概算工事費や資金計画を決定します。
建物をつくる上で最も重要な課程となりますので、相当の時間と労力が必要となります。

地盤調査
基本設計に先立ち、計画地の地盤調査を行います。
地盤の状態によっては思わぬ費用がかかり、建築計画に大きな影響を与える場合がありますので、専門の業者に依頼し、きちんとした調査を行います。

法規チェック
基本プランの作成時よりも、より詳しく関連法規のチェックを行います。
その土地特有の条例や、マンションなど集合住宅の規約などを調査します。

5.実施設計
基本設計がまとまった後、より具体的な実施設計へと進みます。実施に工事をするための正確な工事費を積算するため、また、建物を作るための正確な図面作成を行います。
お客様との打ち合わせは、基本的な仕上げ材料の選定など、こちらも具体的で細かい内容に移ってきます。

6.施工者の選定
実際に建物を建てる施工業者(工務店)の選定を行います。
施工業者の選定は、数社の対して相見積もりをお願いする場合と地域性など考慮して1社に絞りお願いする場合があります。
どちらの方法にしても一長一短がありますので、計画にあった方法をご提案致します。

予算の調整と検討
施工業者から提出される見積もりは、業界特有の専門的なものであるため、一般の方にはなかなか判断が難しくなっています。
見積り内容が適正価格であるか調査を、計画予算内に納めるよう、施工業者と調整を行います。
あまりに予算を超えている場合は減額案のご提案を行います。
私共はお客様の立場に立って検討を行い、お客様と共に適正な業者を決定します。

予算調整により訂正した実施設計図書に基づき、私共が立会いの上でお客様と施工業者の間で工事契約を交わして頂きます。

7.確認申請
予算調整が終わった段階で平行して、新築住宅や増築などにより、確認申請が必要な場合、役所への確認申請手続きを行います。
設計した建物が適法であるか検査を行うもので、一般的な住宅で1ヶ月ほどの期間を要します。

8.工事管理
実際の工事が始まると、契約を交わした実施設計図通りに工事が進んでいるか、現場で工事内容を確認し、必要に応じて手直し等の指示、打ち合わせを行います。

また、施工業者に使用材料のサンプルを提出してもらい、お客様と決定して行きます。

工事現場はどれだけ気をつけても危険な場所であるので、お客様とは事前に打ち合わせをして一緒に現場に行く場合が多いです。

10.竣工検査と引渡し
建物が完成した時点で、役所の完了検査と設計事務所の竣工検査を行います。
その後、お客様の検査を設計事務所と施工業者の立会いで行い、手直しが全て完了したあと、お客様へのお引渡しとなります。
引渡しの時には鍵の受け渡しと、設備機器の取り扱い、日々のメンテナンスの方法などのご説明も行います。

11.メンテナンス
お引渡しの後、施工業者が行う定期点検に助言を行い、必要に応じて同行致します。
もし不備な個所があれば、対応方法を検討し、早急に補修するよう施工業者へ指示を行います。
長期的なメンテナンスプランのアドバイスも致します。
「家」は竣工して完成ではありません。
家は必ず手をかけなければ痛んでしまうものです。いつまでも私共がお手伝いした家を見守って行きます。


blog pick up

船橋のスケルトンリフォーム
築35年のマンションリフォーム。素材と設…
Pizzeria Cantu
山梨県・甲斐市新興住宅地に作られた、石窯…
八王子の二世帯住宅
家族構成の変化に対応するリフォーム。一つ…